当院で可能な検査・治療|国立国際医療研究センター病院
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > 国際リンパ浮腫センター > 当院で可能な検査・治療

当院で可能な検査・治療

検査法

  • リンパシンチグラフィ、SPECT-CT
  • MRI (MR lymphography)、CT
  • ICGリンパ管造影 
  • 直接リンパ管造影(リンパ漏・乳び胸水・乳び腹水の診断・治療)

治療法

  • リンパ管細静脈吻合術(LVA)・リンパ管リンパ管吻合術(LLA)
  • 血管柄付きリンパ節移植術(LNT)・リンパ組織移植術・リンパ組織移行術
  • 複合リンパ外科治療(各種リンパ浮腫外科治療による包括的手術療法)
  • 乳房再建との同時治療(自家組織移植・リンパ組織移植併用手術など)

ICGリンパ管造影によるリンパ流の評価

(リンパ浮腫の進行により造影所見がLinear → Splash → Stardust → Diffuseと変化する)

008.jpg

  1. Yamamoto T, et al.
    Characteristic indocyanine green lymphography findings in lower extremity lymphedema: the generation of a novel lymphedema severity staging system using dermal backflow patterns.
    Plast Reconstr Surg. 2011;127(5):1979-86.

ICGリンパ管造影による重症度分類(DB stage)と治療方針

(適切な治療方針の検討に有用な病態評価方法)

009.jpg

  1. Yamamoto T, et al.
    The earliest finding of indocyanine green (ICG) lymphography in asymptomatic limbs of lower extremity lymphedema patients secondary to cancer treatment: the modified dermal backflow (DB) stage and concept of subclinical lymphedema.
    Plast Reconstr Surg. 2011;128(4):314e-21e.
  2. Yamamoto T, et al.
    Subclinical lymphedema: understanding is the clue to decision making.
    Plast Reconstr Surg. 2013;132(3):472e3e.

圧迫療法抵抗性のリンパ浮腫に対するLVA

(静脈にリンパ液が流れて透明になっている。術後、浮腫が改善し体重が7kg減少)

  • 001.jpg
  • 002.jpg
  • 003.jpg

血管柄付きリンパ節・リンパ管移植術(LNT)

 前述の通り、進行した重症リンパ浮腫ではリンパ管硬化のためLVAでは効果が不十分となります。LVA

スーパーマイクロサージャリーの技術を用いた選択的遊離穿通枝リンパ節弁移植術

(ICGリンパ管造影を用いた術中ナビゲーションにより上肢からのリンパ流・リンパ節を温存して側胸部よりリンパ節を採取し移植)

  • 004.jpg
  • 005.jpg
  • 006.jpg
  • 007.jpg